糖尿病サプリランキング!

  • 血糖値が下がらない
  • ヘモグロビンa1cが基準値以上
  • 糖尿病予備軍と言われた…
  • 食事制限が辛い

 

といった悩みを抱えるあなたのために、
田七人参のサポニン・菊芋のイヌリン・黒酢に多いALAなどの成分がおすすめです。

 

糖尿病を予防するためには、
血糖値・HbA1cの数値対策が重要です。

 

今、数値が気になる方、不安を覚えた方、などは、
食事療法とあわせてサプリメントの利用を検討しましょう。

 

白井田七の特徴

白井田七は、糖対策に効果的な田七人参と有機玄米の栄養を凝縮したサプリメントになります。特に田七人参には、サポニン・パナキサトリオールなどが含まれており、これらが血糖値低下に働きかけ、糖尿対策におすすめです。また、白井田七は、余計な化学成分は使わずにサプリメント化しているため、安心して飲み続けられるのも魅力です。

価格 3980円
評価 評価5
備考 田七人参・有機玄米
白井田七の総評

当サイトより1ヶ月分3980円購入ができます。実感度に納得いかなければ返金保証もあります。

 

前田の菊芋の特徴

前田の菊芋は、菊芋からとれたイヌリンを凝縮したサプリメントになります。イヌリンは天然のインスリンとも呼ばれ、糖対策に良いと注目されています。前田の菊芋は、科学的な検証の結果、血糖値とHbA1cの数値が低下した、という変化が認められています。

価格 9600円
評価 評価4
備考 菊芋

 

アラプラス 糖ダウンの特徴

アラプラス 糖ダウンは、高めの血糖値が気になる方におすすめのサプリメントになります。余分な糖を代謝する成分「ALA」を1日あたり15mg含有しています。ALAを継続的に摂取すれば、血糖値の数値が低下したことが検証の結果判明し、機能性表示食品となっています。

価格
評価 評価4
備考 ALA:機能性表示食品

 

糖尿病を予防するには?

 

糖尿病は、初期症状を自覚できる人は少なく、放置されたまま進行してしまうことも多いそうです。太っている人だけが糖尿病になるとは限らず、むしろ糖尿病になると食べていても体重が減少してしまうことも気付きにくい原因のひとつでしょう。

 

発症してしまうと治るこはない病気なので、予備軍のうちに治療を始めることが大切です。糖尿病になってしまうと、過酷ともいえる食事コントロールが待ち受けています。食べたいものが二度と食べられなくなる可能性もあるので、それに比べたら予備軍のうちにダイエットをすることなど大した苦労ではないでしょう。甘いものや油っこいものが好きな人も、予防のうちなら量を控えるだけで済みます。

 

特に気をつけたいのが、味の濃い食事や炭水化物の多い食事です。また、炭水化物と同様に糖質が多く、血糖値を上昇しやすいお酒は、控えめにしましょう。特にアルコールが入ると、食欲が増したり気が大きくなるので、カロリーの高いものを食べ過ぎたり、〆として炭水化物をとってしまうこともあります。

 

お腹が空いているわけでも無いのにそのような行為を繰り返すのは、自ら進んで糖尿病の世界に入っていくようなものです。おつまみを食べるにしても、野菜を使ったメニューを選ぶなどの工夫をしてください。また、よく噛んで食べたり、決まった時間に食事をすることも大切です。

 

2型糖尿病の人の多くは、運動不足です。糖尿病になると体を動かすこともままならなくなるので、なるべく予備軍のうちに体を動かすようにしましょう。しかし、激しい運動をする必要はなく、できるだけ階段を使ったり通勤時に一駅分多く歩くというだけでも十分効果はあります。

 

糖尿病とはどんな病気?

 

糖尿病という病気を知らない人はいないと思いますが、具体的にどのような症状が起こるのか、なぜ糖尿病になるのかを理解している人はそう多くないようです。そこで、糖尿病とはどのような病気なのかご紹介します。

 

糖尿病患者は世代を問わずに増えていて、さらに糖尿病の予備軍とされている人はもっと多く存在しているといいます。糖尿病は、一度発症すると完治することはなく、悪化すると命にも危険がおよぶ病気です。予備軍のうちならまだ改善が可能なので、生活習慣の見直しや食生活のチェックを上手く役立てましょう。そして、糖尿病が最も恐ろしいのは、合併症があることです。

 

人によっては目が見えなくなったり、高血圧を併発して動脈硬化を起こすケースもあります。また、腎臓機能が弱って人工透析をすることになれば、頻繁に病院に通わなければいけません。手足が壊死して切断を余儀なくされたり、死に至ることも少なくないのです。

 

糖尿病には、遺伝性のものと後天性のものがあります。さらに細かくすると、1型と2型と呼ばれる糖尿病、妊娠糖尿病に分けられます。1型糖尿病になると、体内のインスリン量が絶対的に不足してしまい、すい臓がインスリンを生成してくれなくなります。2型糖尿病は生活習慣から起こることが多く、日本人の糖尿病患者の9割以上がこのタイプだとされています。インスリン不足や、ブドウ糖の取り入れがうまくいかないことが原因で起こります。

 

また、妊娠時にも糖尿病になることがあり、妊娠糖尿病と呼ばれ、胎児に影響を及ぼします。遺伝性の糖尿病は、感染症や薬剤によっても発症することがあります。

 

糖尿病の原因

 

糖尿病になる原因はいくつかありますが、中でも最も多いのが生活習慣の乱れによるものです。実に95%以上を超える糖尿病患者が、生活習慣を原因としています。しかし、症状はいずれの場合も同じです。
糖尿病になると、体のエネルギーのもとになるブドウ糖を、細胞内に取り入れることができなくなります。

 

人によって全くできなかったり、できにくくなるという場合がありますが、原理は一緒です。細胞内に運ばれなかったブドウ糖は、血液の中に大量流入してしまいます。それは、インスリンが不足して本来の機能を果たせなくなるからです。

 

インスリンは血糖値を調整するホルモンで、必要以上に血糖値が上がらないように食後、ブドウ糖のエネルギー変換を行っていますが、インスリンが作用しないと、ブドウ糖がエネルギーにならず、ただただ血糖値が上がってしまうのです。そして、エネルギーが各器官に運ばれずに、全身の力が出なくなります。

 

多くの人が生活習慣病によって糖尿病になる理由は、肥満にあるとされています。よく甘いものを食べている人は、糖尿病になると心配されることが多いでしょう。甘いものをたくさん食べたとしても、インスリンがしっかり働いてエネルギー変換を行えば良いのですが、この機能が狂ってしまうと糖尿病になる危険性があります。しかし、インスリンにも限界があるので、肥満に注意するのと同時に、運動不足やストレス、睡眠不足などの生活習慣の不規則さを改善しましょう。

 

糖尿病の症状

 

代表的な糖尿病の症状といえば、のどがかわきやすくなったり全身の倦怠感、めまいなどが増えることです。初期の頃は自覚症状が薄いため、他の病気や単なる疲れだと勘違いして、見過ごされる傾向にあります。しかし、日頃の食生活などに心当たりがある人は、糖尿病を疑ってみた方が良いかもしれません。

 

のどが異常にかわく、立ちくらみやめまいが多くなる、疲れやすくなる、何となくだるい、などの症状はどうしても放置されがちです。これらは過労によって起こりやすい症状でもあり、夏場や乾燥する場所にいるときは、のどが渇いて当然だと思うからでしょう。

 

表面的にわかりやすい糖尿病の症状といえば、体重減少があげられます。確かにきちんと食事をしているのに、体重が減るのはおかしいと感じると思うはずです。なぜ痩せてしまうのかというと、どんなに食べてもブドウ糖が体内で正常に利用されないためです。そのため、エネルギーを作り出すことができず、食べているのに力が出にくくなります。また、ブドウ糖を利用できずにエネルギーを作れないと、全身の倦怠感にもつながります。

 

糖尿病になると、尿に糖分が混じって出ます。その時の尿の色は濃く、臭いも普段と違ってくるので、おかしいと感じたら病院に行ってみることをおすすめします。また、性欲が減退してEDを発症したり、女性なら月経に異常が見られることもあります。さらに症状が進行すると、目がかすむなどの視力障害にも陥る危険性があるので、初期症状で気付けるようにしましょう。

 

糖尿病の検査、診断する方法

 

糖尿病は、血糖値を測ることでも診断できます。どのような基準が糖尿病と診断されるポイントなのか、ご紹介します。

 

空腹時に測定した血糖値が126mg/dl以上、ヘモグロビンA1cが6.5%以上、75gのブドウ糖を飲んでから2時間後に測定した血糖値が200以上、血糖値が随時200以上の場合、糖尿病と診断されます。ヘモグロビンA1cの数値に関しては、従来は日本独自の数値が適用されて6.1%以上でしたが、2012年からは世界基準の数値に合わせられることになり、6.5%以上に引き上げられることになりました。

 

従来は、糖尿病の診断基準にヘモグロビンの測定値は入っていませんでした。なぜヘモグロビンの測定値が加えられるようになったのかというと、検査前に食事を制限することで血糖値が抑えられてしまうためです。もともと糖尿病の可能性があり、血糖値に異常が出るはずの人でも、検査をする前に食事を制限したり、運動することによって正確な数値が測定できずに、診断を誤りかねませんでした。

 

ヘモグロビンHbA1cは、ヘモグロビンにブドウ糖が結びついた成分なので、過去の長い期間の血糖値状態を知ることができます。大体は1ヶ月から2ヶ月に渡って過去の状態がわかるため、ヘモグロビンの数値を参考にするよりも、正しい糖尿病の診断ができるようになったのです。この方法は、ヘモグロビン自体に問題が発生してしまうと、診断にも混乱が生じる可能性がありますが、長期的な血糖の状態がわかるのは、糖尿病の診断に正確性を出せるという良いメリットも生み出しました。

 

健康診断で血糖値が高いと指摘されたら、精密検査を受け、専門医のもとで正しい検査が行われるはずです。

糖尿病は合併症も危険

糖尿病はどのような症状があらわれてくるのでしょうか。血糖値の高い状態か続くとまずは血管がもろくなりボロボロになってしまいます。そのため全身に栄養が運ばれなくなり、いろいろな臓器に障害が起こってくるのです。

 

これは糖尿病の慢性合併症と呼ばれ、細い血管にみられる合併症(細小血管障害)と太い血管にみられる合併症(大血管障害)の2つがあります。そしてその他に極度のインスリン作用不足によって急激におこる急性合併症もあります。それではそれぞれどのような症状が起こるかみていきましょう。

 

細小血管障害とは、細い血管が病気に侵されて血行不良が起こります。そして細い血管が集中している場所で合併症を引き起こします。眼、腎臓、神経系で合併症を起こしやすく、それぞれ糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害という病気になります。

 

糖尿病網膜症とは網膜に障害がおこり視力の低下や失明を招きます。糖尿病腎症は腎臓の機能に障害がおこり、体内に不要な老廃物が蓄積しやすくなります。そのため塩分やたんぱく質の摂取制限、さらには血液をろ過するための人工透析が必要になります。糖尿病神経障害は自律神経に異常がおこり、発汗異常、立ちくらみ、便通異常、膀胱障害、勃起障害などの症状があらわれます。

 

次に大血管障害ですが、動脈硬化の症状を加速させます。動脈硬化は脳梗塞や狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症を引き起こします。脳梗塞は脳の血管に動脈硬化がおきた場合、狭心症や心筋梗塞は心臓の血管に動脈硬化が起きた場合、閉塞性動脈硬化症は足の太い血管に動脈硬化がおきた場合に引き起こされます。その他にも、糖尿病性足病変や歯周病、認知症などのリスクが高まります。

 

次に急性合併症ですが、糖尿病ケトアシドーシス、高浸透圧高血糖症候群、感染症などがあげられます。糖尿病ケトアシドーシスは極端にインスリンが不足した状態で、意識障害がおきる例もあります。高浸透圧高血糖症候群は、高血糖と脱水が原因でおこる循環不全です。

 

そして糖尿病患者は肺結核、尿路感染症、皮膚感染症などの感染症にかかりやすくなってしまいます。以上のように、糖尿病になると様々な合併症が引き起こされ、生活の質や寿命が著しく低下してしまいます。糖尿病に一度なると完治することは難しく、生涯の治療と自己管理が必要になります。そのため早期発見と早期治療が大切な病気です。

 

糖尿病になりやすい年齢とは?

 

糖尿病は生活習慣病の一種ですが、実は世代を問わずにかかる病気です。遺伝によって発症したり、感染症から糖尿病に至るケースもあります。特に子供の場合は、日常生活が制限されているので、遺伝以外の要素には注意してあげることが大切です。

 

近年、糖尿病予備軍と呼ばれる人が増えていますが、子供の肥満にも糖尿病が心配されています。実際、肥満から糖尿病を発症する子供もいるのです。糖尿病は、発症すると一生完治することはないので、そんな病気とともに成長するのは親子ともども苦労します。なぜ子供が肥満化してしまうのかというと、親が肥満因子の高い食事を与え続けているからに他なりません。

 

また、肥満化によって運動が苦手となり体を動かさなくなることが、さらに肥満度を増し糖尿病のリスクを高めてしまうことにつながります。現代の日本の食生活が欧米化しているとはいえ、頻繁に加工食品やファストフードを与えたり、出来合いのお惣菜を食卓に並べるのは避けたいものです。

 

また、子供がお菓子を欲しがるからといって、スナック菓子をまるまる一袋与えたり、ケーキにジュースをつけて出すのは危険なので止めましょう。食べたいだけ食べさせて、野菜ジュースを飲ませておけばいいという安価な考えも改めてください。大人になってからでは得られない貴重な成長期に、バランスのよい食事を与えてあげることが子供の将来のためになります。

 

昔の子供は学校から帰ったら外で遊ぶのが普通でしたが、今の子供は家でテレビゲームをするなどあまり体を動かさない傾向にあります。このように子供を放任している家庭は、親も運動不足であるケースが多いようです。週に一度は一緒に散歩をしたり、公園で一緒に体を動かして遊ぶなど、大人が率先して運動する喜びを教えてあげるようにしましょう。