糖尿病が完治する可能性は?

 

 

糖尿病はよく完治しない病気とも言われておりますが、完治する可能性は本当にないのかについて説明します。正直、一度糖尿病になったらもうこれから一生治療をし続けないといけないと思いますが、諦める前に本当に完治出来ないかどうかを把握しておきましょう。

 

まず糖尿病について知っていてもらいたいのですが、糖尿病というのはインスリンを作る膵臓細胞が破壊されることでインスリンの分泌が出来なくなる1型糖尿病、そしてインスリンの分泌量が減少したり働きが悪くなることが原因となる2型糖尿病があります。

 

前者は基本的に生活習慣や年齢関係なく発症が多い糖尿病であり、後者は食生活やストレス、運動不足などの生活習慣が原因になる糖尿病になるということを覚えておきましょう。ちなみに日本の糖尿病患者の9割は2型糖尿病ですが、この場合は運動不足や肥満の解消によってインスリンの効果の上昇などが出来れば血糖値を基準値まで戻すことができ、完治をする可能性があります。

 

ただ1型糖尿病の場合は遺伝要素が原因になりますので、その場合は完治することがないです。このことから糖尿病は一度なったら完治できない病気という話がありますが、生活習慣によって引き起こされた2型糖尿病の場合は完治する見込みがありますので覚えておきましょう。

 

そもそも糖尿病にならないように、日頃から糖尿病予防のための生活習慣をしておけば発症することもありませんので、きちんと自分の血糖値を把握しておき、規則正しい生活をするようにしましょう。