糖尿病と歯周病の関係

 

 

糖尿病は世界中で増加していますが、どのくらいかというと70億人の人口のうち3億6600万人とされています。そしてそんな糖尿病が歯周病との関わりがあるということが最近になって分かってきていますので、そのことについて説明します。

 

まず糖尿病について簡単に説明しますが、これは摂取した糖分が吸収されずに血液中に蓄積されてしまい高血糖状態が継続する病気になります。心臓病や腎臓病、脳卒中、失明といった合併症を引き起こすリスクも高く、命を落とす危険性もあります。また歯周病も最近では糖尿病の合併症であると言われるようになってきました。

 

ではまず糖尿病から歯周病にどう影響していくのかというと、高血糖状態が続いてしまうことで防御反応が低下してしまい、感染症にかかりやすくなってしまいます。歯周病も細菌感染が原因になりますので、糖尿病の方というのは歯周病になるリスクというのが高いです。

 

反対に歯周病が糖尿病に影響するパターンもありますが、歯周病になると歯茎中で炎症性物質が作り出されますが、これが血液を通してインスリンの働きを妨げてしまい、糖尿病を悪化させてしまう可能性があります。糖尿病には1型と2型と種類が分かれていますが、2型の場合は歯周病治療を行うことでインスリン抵抗性が改善するとされています。

 

糖尿病になると身体のあらゆるところに悪影響を及ぼしてしまいますが、さすがに歯周病にまで影響してくるというところまでは知らない方も多かったでしょう。とにかく糖尿病になったら歯周病にも気をつけるということが大事になります。