糖尿病にコーヒーが良い、は本当?

 

 

かつてコーヒーは糖尿病に良いとされていましたが、最近ではコーヒーは糖尿病にとって良くないという研究報告が出てきました。これを聞いて結局どっちなんだと混乱してしまう方がいらっしゃるかと思います。今までコーヒーが好きな糖尿病患者は良いといわれていたのに、急に悪いなんて言われても納得出来ない方もいらっしゃいますが、結論からいうとどちらも正しいのですが、具体的に言えば摂取するタイミングによって違いがあるということになります。

 

つまり糖尿病を発症する前だとコーヒーはいいのですが、発症してしまったら良くないというものになります。予防には良く改善には良くないということになりますが、どうして予防にいいのでしょうか。それはカフェインが関わっており、糖尿病というのは肥満が原因になることがありますが、カフェインには脂肪消費を促す働きがあります。つまりそれによって肥満予防をすることが出来れば、おのずと糖尿病予防にも繋がるということになります。

 

逆に糖尿病が発症してから良くない理由は、肥満改善の働きとしてはいいのですが、ブドウ糖はインスリンが減少したり働きが弱くなると増加してしまいますので、それによって症状が悪化してしまうということになります。これが糖尿病とコーヒーの関わりになりますので、今の状態に合わせて飲むか飲まないかを判断するようにしましょう。もちろん飲みすぎてしまうことは健康においてもよくないので、飲む場合はタイミングや量などを考えるようにしてください。