糖尿病はストレスにより悪化する?

 

 

糖尿病というと食生活や運動不足が関わっていると考えられていますが、もちろんそれは事実です。ですがストレスも非常に大きく関わっているということを知っていますでしょうか。ストレスが蓄積される事で糖尿病を引き起こしてしまうことがありますし、さらに悪化してしまうことがあるということを覚えておきましょう。

 

ですがストレスがどうして糖尿病と関わりがあるのでしょうか。それについて説明します。緊張や不安などによってストレスが蓄積されると胸の鼓動が早くなったり、血圧が上昇してしまうということが起こります。これはアドレナリンやコルチゾールというホルモンが関わっており、さらにこれらのホルモンは血糖値も上昇させてしまいます。血糖値というのは血液中のブドウ糖の濃度の量が多い状態であり、血糖値が高い状態が慢性的に継続すると糖尿病と診断されます。つまりストレスが蓄積されてブドウ糖が血液に放出されて慢性化してしまうと糖尿病になりやすくなります。

 

またストレスが溜まると飲酒量が増えたり、甘いものが食べたくなってしまうということが引き起こされますし、さらに運動をする気力もなくなってしまいますので、そういった意味で糖尿病を悪化させてしまう原因になります。つまり糖尿病を改善したい、または予防したいというのであれば、とにかくストレスを溜めないようにするということが大事になります。そうする為には意識することはもちろんですが、とにかく解消法などを見つけるということが重要になりますので、糖尿病を改善したいのであれば覚えておきましょう。